求職者支援訓練 情報処理技術者養成科

訓練の特徴

 今やAIやIoT、ブロックチェーンなどIT技術をベースとしたスタートアップ企業が続々と誕生しています。純粋なIT技術者だけでなく、他業種からのスキルチェンジを経て活躍している方も大勢見られます。IT活況の時代は決して一過性ではなく、社会が発展を求めていく限り続くものと思われます。いつか、未来から過去を振り返った時に、IT人材の不足が叫ばれる中、国や企業も育成に力を注いでいる今こそ、自分自身の新しい道を切り開くチャンスが到来していたと感じるのではないでしょうか。

 

 基本情報処理技術及びJavaプログラミング言語は、求職者支援訓練として、現在、県内の学校で当校だけが実施している全国的にも極めて少なく、よって遠く県外からの申し込みもあります。オフィス系(ワード、エクセル、パワーポイント)だけのコースではない、高度なスキルゆえに人気のコースとなっています。

 

 具体的な方向は決まってないけど、とりあえずIT系を目指したいという方は、このコースは最適です。なぜなら、基本情報処理の知識に加えて、アプリ開発者などにとって最も汎用性も高く重要視されるJavaプログラミング言語と、Web制作会社等で必ずと言っていいほど必要とされるWebクリエイター(HTML,CSS)を学べるからです。ゼロの知識から資格とスキルを習得して、ゲーム開発会社やシステム会社、Web制作会社で活躍している修了生も多く見られます。

 

 Javaプログラミング言語は、基本情報技術者試験の午後試験のプログラムに関する問題の1つとなっており、プログラミング言語を「C言語」「COBOL」「Java」「アセンブラ」「表計算」の中から選択しなければなりません。当校では、活躍するフィールドが最も広く実践で活躍できる言語として、JaVaプログラミング言語の基本を学べます。

 

 Webクリエイターは、情報処理技術の訓練にプラスαをして、受講生の幅を広げる狙いで設定した科目で、Web業務の基礎であるHTML、CSSに関する基本的な知識と、Webサイトの修正、構築等が行えるようになります。

 

 受講生に絶大な人気を誇る授業が、定期的に第一線で活躍している約10名の経営者やエンジニア、Webデザイナーを招いて、職業人講話です。今のIT業界やIT技術、これからのAI技術やフィンテックの話などの未来の話、またIT業界でも様々な分野があり、ゲーム業界のクリエイターやWeb通販業界のリアルな話をダイレクトに聞ける場として、モチベーションの維持や就業における視野の拡大に繋がっています。

募集締切

平成30年1119日(月)

選考日

平成30年1127日(火)

訓練期間

平成30年1213日(木) ~ 平成31年612(水)

※毎週月曜日~金曜日 (祝日を除く)

※訓練時間 9:00~15:30(休憩時間 50分)

訓練目標

高いIT技術を身につけることにより、幅広い提案・実行ができる。IT業界で最も求められているJavaプログラミング言語の習得によって、即戦力として活躍できる人材となり、IT関連企業又は企業のIT担当者として就職を目指す。

訓練内容

安全衛生、就職支援、基礎理論、コンピュータシステム、プロジェクト・サービスマネジメント、システム・経営戦略、企業と法務、表計算とデータベース、パソコン文書作成基礎演習、パソコン表計算基礎演習、Webクリエイター演習、技術要素、開発技術、Java言語基礎演習、Java言語応用演習、プレゼンテーション基礎演習、プレゼンテーション応用演習、 企業実習、職場見学、職業人講話

自己負担額

訓練受講料は、無料です。

13,878円(テキスト代)

※職場見学、企業実習先への交通費及び資格取得に伴う受験料は、実費となります。

取得できる資格(任意受験)

・ITパスポート試験  

・基本情報技術者試験  

・Javaプログラミング能力認定試験 2級・3級  

・Webクリエイター能力認定試験 スタンダード・エキスパート 

・PowerPointプレゼンテーション技能認定試験 初級・上級  

・コンピュータサービス技能評価試験 表計算部門3級 

職業訓練受講給付金には、要件がございます。受給希望方は、ハローワークで求職者支援制度の説明時にお申し出ください

コース案内

30-0116.pdf
PDFファイル 470.7 KB

広告

ライブビジネススクール公式SNS

試験会場

助成金関係

 〒880-0051

 宮崎市江平西一丁目2番27号

 第3丸三ビル1階(地図)

 TEL:(0985)71-6287

 FAX:(0985)71-6671
 月曜日~金曜日
 8:30~17:30